失敗にシビアで雰囲気が悪い環境でも、積極敵な行動で職場を変えていく事ができます。

失敗を恐れず、自虐ネタを活用する

 

失敗を恐れない

雰囲気が悪く働きにくい職場は、失敗に対して非常にシビアです。
ちょっとした失敗で怒鳴られたり、しつこく怒られるというのはよくある事です。

 

こうした職場では、従業員は皆失敗を恐れて縮こまってしまいます。
ですが、こういった職場の雰囲気を変えるには、思い切って失敗を恐れない行動をとる事も必要です。

 

もちろん失敗をすれば、必要以上に怒鳴られたり怒られる事もあります。
しかし、はじめから怒鳴られる事を覚悟していれば、耐えられない事ではありません。

 

また、怒られた事で気を落としてしまうのではなく、同僚同士の場所になったら、怒られた不満を愚痴にするのではなく、怒られた事を自虐ネタにする事で、周りを和ませる事もできます。

 

率先して悪者になる可能性がある事をやったり、怒られてもポジティブに捉えていく事で職場の雰囲気は少なからず良くなっていきます。

 

当然最初は目をつけられたり評価が下がる事があるかもしれませんが、全員で足並みを揃えて縮こまっているだけでは、職場環境は悪化していくだけですし、理不尽な怒り方をする上司の独壇場になってしまいます。

 

 

失敗を恐れない努力はいつかは報われる

失敗をして怒られるというのは、決して良い事ではありません。
働きにくい職場では、ちょっとしたミスでも揚げ足を取られ、言いたい放題いわれてしまう事もあります。

 

それでも失敗を恐れない行動力は人として成長します

 

失敗した事を自虐ネタにする事で同僚からの評価はあがりますし、他の上層部の人から評価される事もあります。

 

何よりも、縮こまって消極的に仕事をしているのに比べて、少なからず自分自信のスキルアップにつながりますので、決して損をしている行動ではありません。長い目線で見れば、こうした失敗を恐れない努力は必ず報われます。

 

 

なんでも失敗をしていいという訳ではない。

職場環境を変えたり、自分自信の成長の為に失敗を繰り返す事は大切な事です。
しかし、何に対しても失敗を恐れずに行動していいという訳ではありません。

 

顧客に対してのクレームや売上減少に繋がるようなミスや、社内的な事でも、重要度の高い事は1つの失敗が命取りになってしまう場合もあります。

 

失敗を恐れない事は大切ですが、やってもいい失敗と、絶対にやってはいけない失敗は最低限区別して行動しましょう。